時々のできごとを忘れないために
by masataka-aizawa
最新のコメント
お疲れ様でした。 本当..
by kikue1017 at 21:46
過分の言葉ありがとうござ..
by omotaka2016 at 20:30
ま~素晴らしくお似合い..
by 樋口 at 18:41
わたし達は見学者に会った..
by masataka-aizawa at 13:34
皆様に見てもらいたい資料..
by 樋口 at 14:43
いろいろな死に方を見守っ..
by 樋口 at 17:37
masataka-aiz..
by kikue1017 at 19:32
いつもご苦労様。今知りま..
by ぺんぺんぐさ at 13:05
ありがとうございます。あ..
by ペンペン草さん at 22:12
よかったですね。
by ぺんぺん草 at 16:10
カテゴリ
全体
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
活動報告
備忘録に代えて
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


本 「アメリカ本土を爆撃した男」

6月20日に予約した本がやっと借りられた。

 9月11日のことである。
 潜水艦に飛行機を乗せ、潜水しながらアメリカ西海岸まで行き、
昼間は発見される恐れがあるので、潜水して早朝爆撃して帰還した
という。
 GPSのない時代、小さな潜水艦を発艦し、着艦するのにどんな技
術を使えば可能だったのだろう?

 アメリカは本土防衛のため警戒は怠らず、飛行機等で常に警戒し
ていたようだ。
d0140684_12023491.jpg

 戦後、アメリカ本土を爆撃した唯一の男として英雄視され爆撃し
た地元の祭りに招待され、大歓迎されたという、藤田信雄氏の
ドキュメンタリーである。

 彼は1997年86才で亡くなった。
 その間、爆撃地ブルッキングス市と友好を深め、市民高校生を3名を
自費で日本に招きブルッキング市から名誉市民の称号を受けた。

 その高校生招待の話を聞きつけたレーガン大統領は大統領執務室に
掲揚されていた国旗を送り藤田氏の行為を讃えてくれたそうだ。

 

[PR]
# by masataka-aizawa | 2018-09-17 14:11 | Comments(0)

八か月後のハカラメ

昨年12月13日に貰ったハカラメ。

寒い間、居間に置き朝な夕なに霧吹きで水分を与えていた。
春になり温かくなったので、外に出したらどんどん大きくなった。

多くくなるにしたがって、観賞用の樹木として魅力を感じなく
なってしまった。
そして、私は水やりも妻任せになってしまった。
このところの台風騒ぎで何度も鉢が倒れ4鉢のうち2鉢が元気がない。
どのようにすれば、よいか迷っている。
d0140684_20021008.jpg








[PR]
# by masataka-aizawa | 2018-08-25 20:08 | Comments(0)

奇病 or 難病!? No2 続

翌日、皮膚科に受診した。

 皮膚科医は「蜂窩織炎は誰でも知っているはずだから成形
外科医の指示通りにした方が良いのではないですか」という。
 インタネットで調べた結果は、抗生物質薬でキチッと治療
しないと再発するように書かれている。
 納得できない。「このまま1週間も放置して手遅れにならな
いですか」と聞くと「先生が判断したのですから大丈夫でしょ
う」いう。結局、何もしないで自然治癒を待つしかないのか?








[PR]
# by masataka-aizawa | 2018-08-21 10:41 | Comments(0)

奇病 or 難病!? No2

昨年8月1日に投稿した病気が再発してた。

 8月12日朝目を覚ました時、右足に違和感を感じた。
 痛いというほどではなく、何かが当たっているような感じだった。
 テニスをして、午後1万歩ほどウォーキングしたが、それほどの悪化は
なかった。寝床に着いた時から痛みが激しくなり、夜中に何度も起こされた。

 翌朝、総合病院に行き、事情を話し何科に受診すればよいか尋ねると成形
外科だという。受診の結果、患部に消毒薬を貼り包帯をされ、採血し3日分
抗生薬処方された。

d0140684_10505647.jpg

d0140684_10503228.jpg

 三日後、再診したら尿酸値が高いから、痛風系の病気が考えるから整形外科を
受診してくださいと、回された。整形外科の医師は「これはホウカシキエンだ
ろう」と独り言のようにつぶやいた。
そして「うちの科ではないので戻ってください」と形成外科に戻ると前回より
丁寧に包帯で消毒薬を貼り付け包帯をして、一週間後にもう一度みせてくだ
さい。痛み止め薬を処方され帰された。
d0140684_10512287.jpg


薬局について気がついたら、処方された薬は痛み止め薬のみで抗生薬がない、
戻って確かめようとも考えたが面倒くさくなり止めた。

帰宅して、インターネットで調べたらホウカシキエンとは「蜂窩織炎」と書き、
皮膚科で治療するという。受診した総合病院に皮膚科もあるのに何故、形成外
科に回されたのだろう?
                続
[PR]
# by masataka-aizawa | 2018-08-18 11:07 | Comments(0)

ハカラメ

昨年のある忘年会でハカラメの葉を3枚貰った。
長さは10センチほどのものを3枚であった。
このサイトに投稿した。
4月までは食卓の片隅に置き毎日霧吹きで水分補給をしていた。
植え替えも適宜していたが、5月下旬になって想像以上の成長で
愛おしさが薄れてしまい室外に出した。
それが、何度目かの鉢替えで葉は、もらったときの10センチ足ら
ずの葉から1ミリくらいの芽から半年で20㎝近い葉をつける樹に
なってしまった。
室内で観賞しようと育てたハカラメである。
花も付けるということで楽しみにしていたが放棄せざるを得ない
かも知れない。
d0140684_20035714.jpg





[PR]
# by masataka-aizawa | 2018-06-30 20:05 | Comments(0)